1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/04/15(金) 10:04:59.21 ID:CAP_USER*.net
4月11日に放送されたフジテレビの月9ドラマ「ラヴソング」の視聴率が10.6%だったことがわかった。
福山主演のドラマとしては極めて低い数字のスタートとなり、
このままでは月9のワースト俳優となる可能性もあるという。

「ここまで視聴率が低迷した原因は、まず福山の結婚による人気急落、そして放送前の番宣における、
ヒロイン・藤原さくらの印象がよくなかったことなどが考えられます。さらに47歳と20歳の親子ほど
年の離れた2人が恋愛をするというストーリーも、視聴者から敬遠されてしまったのでしょう」(テレビ誌記者)

またこの日は、裏で人気バラエティ番組「月曜から夜ふかし」(日本テレビ系)の特番が放送されていたことも、
視聴率低下の原因に繋がったようだ。

「現在の全話を通した月9の歴代ワースト視聴率作品は、今年放送された有村架純主演
『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』となっています。それが、今回の『ラヴソング』は、
『いつ恋』初回の11.6%をさらに下回る数字でスタートしてしまい、打ち切りの噂まで飛び交うほどです。
もし次週以降、『ラヴソング』が1ケタ視聴率へ突入するようなことがあれば、福山の俳優人生に
大きな汚点を残すことになるでしょう」(前出・テレビ誌記者)

青ざめる福山サイドやフジテレビをよそに、有村だけがほくそ笑んでいるのかもしれない。

http://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_56403/

福山雅治、藤原さくら
no title

有村架純
no title

【【ドラマ】 有村架純はにんまり?福山雅治「ラヴソング」壮絶爆死で打ち切りの可能性も…】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/04/15(金) 07:14:37.32 ID:CAP_USER*.net
数々の冠番組を持ち、いまや時代の寵児となった有吉弘行(41)。
もう忘れている人も多いかもしれないが、そんな彼も、ほんの数年前まではうだつの上がらない一発屋芸人だった。

著書「お前なんかもう死んでいる プロ一発屋に学ぶ『生き残りの法則50』」(双葉社)では、
そんな彼が芸人としても人間としてもどん底だった頃を振り返り、そこから得られた教訓を語っている。

有吉は、猿岩石というコンビで「電波少年」(日本テレビ系)のヒッチハイク企画をきっかけに売れっ子になった。
ところがその後、じわじわと仕事は減り始め、やがてゼロになってしまった。

この時期の有吉にとって最も苦痛だったのが午後4時の電話だった。
明日仕事が入っているかどうか、毎日事務所に電話を入れて確認しなくてはいけなかったのだ。

「有吉です。明日の仕事なんですけど……」

「明日ないで~す」

ガチャッと電話が切られる。自分が売れていないことを思い知らされるこの電話が何よりも恐ろしかった。
揚げ句の果てには午後4時になると自然と体がガクガク震えてくるようになったという。

売れていた頃からぜいたくをしていなかった有吉には最高7000万円の貯金があった。
だが、税金や生活費でどんどん削られていき、収入がないのでジリ貧の生活が続く。
食事は1日1食のみ。閉店間際のスーパーで250円の見切り品を買い、飢えをしのいだ。

それだけ追い詰められていたらバイトでもすればよさそうなものだが、「あいつ、落ちぶれたな」と世間の人に蔑まれるのを恐れてバイトすらできなかった。
この時期のことを振り返って有吉は語っている。プライドなんて早く捨てておけばよかった。
プライドよりカネだろ、と。

そのほかにも、「断食は3日まで」「近所の炊き出しの場所は把握しておけ」「貯金残高は心の余裕のバロメーター」など、
本当の地獄を見てきた有吉にしか語れない重みのある金言が満載。
あの捨て身の毒舌芸ににじみ出る絶対的な説得力は、このどん底暮らしで培われてきたのだ。

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/179434
2016年4月15日

no title

【【芸能】明日は仕事あるのか? 有吉弘行が苦しんだ事務所への電話】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/04/15(金) 11:48:34.96 ID:CAP_USER*.net
アイドルグループ、乃木坂46の秋元真夏が、男性との交際疑惑を自身のトークライブアプリ「755」で否定した。

秋元はトークライブアプリ「755」で自身がアップした動画に男性の声が入っていると話題となり、
彼氏ではないかと、一部で疑惑が生まれていた。

そんな一部の疑惑に対して秋元は「755」で、
「ごく一部ではありますが、根も葉もないことを言われることが悲しくて
反応すべきではないとはわかりつつもあえて反応させてもらいました…」とコメント。
さらに、自身について、
「家族以外の男の人と手を繋いだのは握手会が最初だし、写真を撮ったりしたのもチェキ会が最初というような人生で
今現在もメンバーか女友達としか遊んだりもしない人なのでご心配なく」と語り、
「ただ、無駄な心配や不安な気持ちを抱えさせてしまったことには私にも責任があるので申し訳ありませんでした」と謝罪した。

そしてさらに、
「はい、もうこの話終わり~! 今後もブログ・モバメ・755と満遍なく続けさせていただくのでよろしくお願いします」と綴った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160414-00000011-reallive-ent

乃木坂46 秋元真夏
no title

no title

【【乃木坂46】 秋元真夏「家族以外の男の人と手を繋いだのは握手会が最初というような人生」】の続きを読む




このページのトップヘ