1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/04/25(火) 16:00:23.39 ID:CAP_USER9
1期生の小嶋陽菜(29)が卒業し、さらに世代交代が加速したAKB48。
その中で独自路線を歩み、47都道府県代表メンバーで構成されるチーム8が結成3周年を迎えた。
今月はさいたまスーパーアリーナ公演を成功させるなど、AKBの将来を担う存在として期待される若手集団だ。

「2万年に1人の美少女」の異名を持つ「ゆいゆい」こと東京都代表の小栗有以(15)は、アイドルらしい可憐なルックスを誇るチーム8の人気メンバー。
今春、高校生になったばかりの彼女にインタビューした。

小栗は1月にチーム8を代表して北海道の坂口渚沙(16)、熊本県の倉野尾成美(16)とそれぞれソロコンサートに初挑戦。
AKBのシングルで3作連続で選抜入りするなど実績を重ねている。

「選抜のお仕事ではチーム8をアピールしたくて、パフォーマンスの中でチーム8のポーズをしています。でも、ファンじゃないと8ポーズを知らない人もいるだろうし、今はまず自分のことを知ってもらって、チーム8の入り口になれたらいいなと思っています」

小学生のころ、前田敦子(25)や大島優子(28)がヒット曲「ヘビーローテーション」を歌う姿を見てAKBにあこがれた。
学校の授業では人前で話すのも苦手だったが、AKBが大好きなことを知っていた友達からチーム8のオーディションがあると聞き、祖母から「やりなよ」と背中を押されて応募。
中学1年で東京都代表として活動を始めた。

デビュー2年目にネットに掲載されたライブ写真から「2万年に1人の美少女」と注目度が急上昇。
しかし、加入当初は自身のスキルと「東京」という看板のギャップに悩んでいたという。

「東京代表といったら最初に目をつけてもらえそうですが、目立つことができなくて、東京代表っぽくないと言われてばかりでした。どうしたら東京代表っぽくなれるのかなと思ってたんですけど、あるとき、ファンの方が『自分らしく頑張って』と言ってくれて、その言葉で自分らしく頑張ろうって思ったんです」

「チーム8では妹キャラですよ」と無邪気に語るが、活動4年目に突入したチーム8の課題を冷静にとらえている。

「NGT48もデビューしたし、AKBには16期生が入りました。いつまでもフレッシュさだけではいられないとみんなとも話しています。もっと一人一人のことを知ってもらって、一人一人の能力を上げていきたいです。もちろん、フレッシュさと初心を忘れずに」

2001年生まれで、同学年のアスリートはフィギュアスケートの本田真凛(15)ら。
アイドルでは、欅坂46でセンターを務める平手友梨奈(15)らがいる。

48グループ、乃木坂46、欅坂46の混合ユニット「坂道AKB」で活動をともにし、スター性抜群の同い年の平手からは刺激を受けたという。

「平手ちゃんの表現力がすごい。初めて会ったときは『中学生だね』ってしか話しかけられなかったです(笑)。私はかわいい系もかっこいい系の曲も歌いながら、今までの私とは変わらないように私らしく、一つ一つの活動を頑張ります」

始まったばかりの高校生活には、「友達とはJKらしいことをしてみたくて。遊園地が大好きなので、学校終わりに遊園地へ行きたいです」とにっこり。
どんな場所でも自分らしく。
アイドルとして大輪の花を咲かせるため努力を続ける。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170425-00000525-sanspo-ent

「2万年に1人の美少女」 AKB48チーム8 小栗有以
no title

no title

no title

欅坂46 平手友梨奈
no title

no title

【【AKB48】「2万年に1人の美少女」小栗有以、同い年の欅坂46平手友梨奈から刺激「表現力がすごい」】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/04/24(月) 22:23:10.57 ID:CAP_USER9
女優・のん(23)が24日、都内で著書「創作あーちすとNON」(1944円)出版記念トークショーを行った。

 写真はもちろん、自ら描いた絵やドレスなどを多数掲載。「めちゃめちゃ満足度が高い。やりたいことが自由にできてます」と胸を張った。
最近は街で「のん」という言葉をつけたギャグを披露しているそうで、「お水どうぞ、と言われたら、のんプロブレムとか言ってるですけど、
全く気付いてくれない」と苦笑い。さらにこの日は故・渥美清さんをほうふつとさせる? 顔をしかめた寅さんウォーキングを披露し報道陣を笑わせていた。

 今後も絵を描いて行きたいそうで「個展? 大きな夢としてあこがれはあります」。女優業についても「粛々とどんどん頑張りたい」と意欲を見せていた。

no title

http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170424-OHT1T50218.html

【女優・のん「粛々とどんどん頑張りたい」】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/04/24(月) 21:47:47.59 ID:CAP_USER9
小栗旬がミュージカルに初挑戦することで話題の、ミュージカル『ヤングフランケンシュタイン』が8月~9月に東京と大阪で上演される。喜劇の天才といわれるメル・ブルックスが、1974年に数々の「フランケンシュタイン」映画をパロディ化し(『ヤング・フランケンシュタイン』)、その後、自身でミュージカル化したコメディミュージカル。2007年にはブロードウェイで上演され、本作はその日本版として福田雄一が上演台本と演出を担当する。福田自身がこの作品をブロードウェイで観劇していて、ぜひやりたいと手を挙げたことで今回の上演が決まったという。

 主な配役は、主役のフレデリック・フロンコンスティーン博士役に小栗旬、セクシーな助手インガ役に瀧本美織、フランケンシュタイン家を目の敵にしているケンプ警部役にムロツヨシ、変わり者の助手アイゴール役に賀来賢人、フレデリックの婚約者エリザベス役に瀬奈じゅんを迎える。福田作品へ出演することが念願だったという瀧本が、大阪で開かれた取材会で作品について語ってくれた。

 まずは、瀧本をキャスティングした理由が主催者からあり、瀧本のあいさつ、そして質疑応答へと会見は進んだ。

(中略)

◆インガ役、内面から出るセクシーさを意識したい

記者:今作はミュージカルですが、ミュージカルに対してどのようなイメージを持っていますか?

瀧本:今まで舞台というもの自体、自分とはかけ離れた存在だと思っていたのですが、舞台をやるようになって、いろんなミュージカル作品を観に行くようになりました。ミュージカル俳優さんをすごく尊敬しますし、やはり全身で表現できることは演者の喜びでもあると思います。ミュージカルは今回が2度目ですが、達成感を味わえるかなと思っています。

記者:ヨーデルからダンスまでありますし、インガ役はセクシーな役だとか?

瀧本:ヨーデルは難しいんですよね、すごく。これから特訓しなきゃと思っています。ブロードウェイ版ではミュージカル女優さんがされているので、これは大変だなと思っていますが、でもやってやるぞという気持ちでいっぱいです。見た目のセクシーさももちろんありますけれど、内面から出るセクシーさもあると思いますので、その辺を意識して演じたいと思っています。

記者:小栗旬さんがミュージカル初挑戦ということですが、もうお会いされたのでしょうか?

瀧本:まだお会いしていないので、ほんとに小栗旬さんて存在するのかなという感覚でいます(笑)。映像を拝見して、すごく男気があふれるストイックな方という印象を持っています。小栗さんの歌とダンスが観られるだけでも、このミュージカルを観たいと思ってもらえる要素の一つになると思いますし、一緒に歌ったり踊ったりできるのがとても楽しみです。

記者:小栗さん以外にも初めて共演される方はいますか?

瀧本:みなさん初めてなんです。それに、福田組にも初めて飛び込みますので、すごくドキドキしています。

(中略)

◆公演情報◆
ミュージカル『ヤングフランケンシュタイン』
2017年8月11日(金)~9月3日(日) 東京・東京国際フォーラム ホールC
2017年9月7日(木)~10日(日) 大阪・オリックス劇場
[スタッフ]
作詞・作曲:メル・ブルックス
脚本:メル・ブルックス、トーマス・ミーハン
演出・上演台本:福田雄一
[出演]
小栗旬/瀧本美織、ムロツヨシ、賀来賢人/保坂知寿、吉田メタル、宮川浩/瀬奈じゅん ほか


ミュージカル『ヤングフランケンシュタイン』に出演する瀧本美織=岸隆子撮影
no title

no title

no title

http://webronza.asahi.com/culture/articles/2017041700005.html

【瀧本美織、コメディミュージカル初挑戦 『ヤングフランケンシュタイン』に出演】の続きを読む




このページのトップヘ